MENU

国際線空港のグランドスタッフをする女性が抱える仕事の責任感と生きがいとは?

私は国際線の空港のグランドスタッフとして働いています。

 

具体的な仕事内容としては、チェックインカウンターでの搭乗券のお渡しやお荷物のお預かり。
渡航書類(ビザなど)の確認。
それから搭乗ゲートへ行ってアナウンスや、パスポートでの本人確認などです。
あとはオフィスで翌日のフライトの準備なども行っています。

 

このお仕事の醍醐味としてはなんと言っても毎日たくさんのお客さんとお会いできる事です。
国籍もさまざまなので毎日とても刺激的です。
またスタッフ同士とても仲が良くすごく素敵な雰囲気の職場です。
時にはぎりぎりの時間にチェックインカウンターにいらしたお客様と猛ダッシュで搭乗ゲートまで走ったりして体力も使うのですが、間に合った際にはとても感謝して頂けます。
やはりありがとうと言って頂けると毎回とてもうれしく思います。

 

このお仕事の大変な所はまず、国際線の為、もしお客様が書類の不備で入国できないと、航空会社の責任となり、その国から多額のお金を請求されてしまいます。
なので書類チェックは正確さが求められます。

 

またこのお仕事は生活がとても不規則になります。
最近24時間稼動している空港が多いのでもちろんシフトも24時間となります。
やはりこうった勤務体系は体調を崩しやすいです。

 

また、ビザや付随書類の不備でどうしてもご搭乗頂けないお客様もたくさん居るのですが、そういったお客様が泣き出してしまったりお怒りになる事も多々あります。
そういった方のフォローも必要になってきます。
なので接客要素もとても必要です。

 

また、最近テロなどが頻発している世界情勢の中、私たちは空港という場でお仕事をしている以上常に緊張感を持ち勤務をしなければなりません。
一つのミスが航空業界や、国の安全に影響を与えてしまう可能性があるからです。
そう言った意味では想像以上に重いものを背負っています。
そんな重い責任がストレスに感じる事ももちろんあります。

 

なんだかんだ、このお仕事はとても楽しいです。
私は今はチェックイン業務が一日の大半を占めるのですが、いろいろなエアラインのチェックイン業務にチャレンジし、経験を積みたいと考えています。
その後はできればリーダーになっていろいろな事に挑戦し、より遣り甲斐を持って勤務に励みたいです。

 

今後も日本では観光客の数は伸びて行くばかりなので、今後もたくさんのお客様に出会える楽しい職場であり続ける事は変わらないと思います。
私もそんなインターナショナルな環境で自分の感性を磨き、素敵な国際人へと成長していきたいと思います。